《阿難尊者の施餓鬼》
施餓鬼 お釈迦様の十大弟子で多聞第一と称される阿難尊者が、静かな場所で坐禅瞑想していると、焔口(えんく)という餓鬼が現れた。 痩せ衰えて喉は細く口から火を吐き、髪は乱れ目は奥で光る醜い餓鬼であった。 その餓鬼が阿難に向かって『お前は三日後に死んで、私のように醜い餓鬼に生まれ変わるだろう』と言った。 驚いた阿難が、どうしたらその苦難を逃れられるかと餓鬼に問うた。 餓鬼は『それにはわれら餓鬼道にいる苦の衆生、あらゆる困苦の衆生に対して飲食を施し、 仏・法・僧の三宝を供養すれば、汝の寿命はのび、我も又苦難を脱することができ、お前の寿命も延びるだろう』と言った。 しかしそのような金銭がない阿難は、お釈迦様に助けを求めた。 施餓鬼すると釈迦仏は『観世音菩薩の秘呪がある。一器の食物を供え、この『加持飲食陀羅尼」』(かじおんじきだらに)を唱えて加持すれば、 その食べ物は無量の食物となり、一切の餓鬼は充分に空腹を満たされ、無量無数の苦難を救い、施主は寿命が延長し、 その功徳により仏道を証得することができる』と言われた。阿難が早速その通りにすると、阿難の生命は延びて救われた。 これが施餓鬼の起源とされる。
 無縁の餓鬼に施す事により、有縁の精霊の供養にもつながり、また三界万霊(仏・法・僧を供養し万霊を助ける)により福を得るといわれております。
当山では毎年8月5日(午後一時より)に施餓鬼供養の法要を行っております。